太田たかのり ブログ

活動報告太田たかのりブログ

> ブログTOPへ

陰と陽

2020年5月9日

新型コロナウイルスの影響で地元に戻ることが難しく、ご迷惑をおかけしています。

この世の事象すべては陰と陽からなっているという考え方「陰陽の法則」では、対極するふたつの性質が助け合って物事が存在しているとしています。陽が良いもの、陰が悪いものということではなく、陰陽はひとつの存在ということだそうですが、新型コロナウイルスのパンデミックは、陰の影響が強く出過ぎている感じです。それでも陽も存在しているというのですから、自分の中であてはめてみると「健康はありがたいな」という再認識であったり、「今までの状況がいかに恵まれていたか」の気づき(戒め)が陽にあたります。

最前線で戦っている医療従事者のみなさんには、本当に感謝しかありません。創意工夫で持ち帰りの弁当で頑張っている飲食店、様々な業種で尽力してくださる事業者のみなさん。全ての人がそれそれの立場でぐっと歯を食いしばり、知恵を絞り行動してくださっていますが、悲鳴があちこちで上がっています。誰もが予想できなかったこの状況。こんな時だからこそ政治に方向性を示してもらいたいと思うものですが、実際にはバタバタしている感は否めません。そして、信念のある政治家とそうでない政治家との違いが明らかになった感じです。国と地方自治体は「対等・協力関係」にあるので、国の施策を待たずして早期に対策を打ち出す自治体と、そうでない自治体との違いも明らかになってきました。

私に聞こえてくるのは、近隣の自治体に比べて独自施策が全く出てこない北名古屋市の話。市のホームページや無線放送、チラシで行動自粛を呼びかけることも大切ですが、市民が本当に欲しい情報は「行動自粛した先にある支援策」なのでしょう。欲しい情報と市の広報には乖離があり、多くの方が不安に感じています。お金=幸せではありませんが、お金がないと命がなくなることはあり得るからです。

未曾有の事態で、誰もが不安な暗闇であるからこそ一筋の光を求めます。多忙の中にも心を亡くさず、しっかりと市民の声を聞き、施策を打ち出してほしい。施策が出せない理由が財政事情であるならば、財政基盤が整わない明確な説明責任を願わずにはいられません。

ゴールデンウィークに読んだ百田尚樹著「日本国記」より

私たちの祖先は決して挫けなかった。悲しみと痛手を乗り越え、そのつど力強く立ち直ってきたのである。日本人の持つ独特の「忍耐強さ」「互いに助け合う心」「過去を振り返らない強さ」「諦めのよさ」などの精神は、もしかして繰り返しやってくる災害に立ち向かってきたことで培われたのかもしれない。

陰陽の法則や日本の歴史から鑑みても、困難の後には見事に復興します。必ず新型コロナウイルスに打ち勝ちましょう。

リンク