太田たかのり ブログ

活動報告太田たかのりブログ

> ブログTOPへ

取り越し苦労?

2019年10月12日

「踏んだり蹴ったり」という言葉がありますが、本当は「踏まれたり、蹴られたり」の方が正しいのではないかと言う人もいます。その語源はともかく、台風15号で被害があったばかりなのに、台風19号もそれに匹敵するぐらいの猛威を振るって同じ進路を進んでおり、すごく心配です。

保険の仕事で、千葉県館山市に来ていますが、ガソリンスタンドではすでにレギュラーガソリンはなく、スーパーでは写真のごとくパンは無くなり、水のペットボトルは売り切れ状態です。

「備えあれば憂いなし」と言いますが早め早めの行動は、当然のことです。過ぎ去って見れば、「取り越し苦労」で終わるってこともよくあることです。できればそうなってほしいと願うばかりです。

人の務め

2019年10月6日

台風15号の応援要請を受け、千葉県への派遣に向け東京で準備をしています。そんな中さらに台風17号、18号と風災や水災そして落雷による自然災害。被害に遭われた方々のご心中を察すると心が痛みます。

一日も早い復旧をお祈りいたします。

「おのが身は かへりみずして 人のため つくすぞ人の つとめなりける」 明治神宮の入り口に掲げられた、明治天皇のお言葉です。

いよいよ明日から千葉県に入ります。世のため、人のために尽くせるよう務めてまいります。

心機一転

2019年9月12日

安倍内閣の大臣の椅子が決まりましたが、初閣僚13人と刷新されたという感じです。

そういう私も長期にわたりました大阪での活動を終え、地元に帰って来ました。多くのことを学んだ大阪の経験を活かしてこれからの活動に備えたいと考えています。

そういった意味も踏まえまして、心機一転イスを新調しました。お気に入りの歴史関連の本を読み、読書の秋を満喫したいと思っています。

しかし気になることは、台風15号の被害です。いまだに大規模停電の状況であることが報道されており、とても心配です。昨年の21号よりもさらに大きな被害であるように感じます。これからどうなるかわかりませんが、応援要請が来た場合は積極的に受けたいと思います。

低投票率

2019年8月3日

参議院選の投票率は、48.80%だった。47のうちの46の都道府県の投票率が前回の参院選を下回ったとのこと。本当に民意は反映されているのか疑問です。

現状に満足している証拠か?投票しやすい環境づくりが必要なのか?

小選挙区制度が、この低投票率を生んでいる一つの要因であるように感じられます。中選挙区制度の時代は、同じ選挙区に同じ政党の候補が立候補し、切磋琢磨し、政策の競い合いがあり、それが魅力ある政治家を作り上げてた気がします。今のような小選挙区制度だと、政治家個人の資質よりも、強い政党の候補者が選ばれてします。「自民党の魔の3回生」や「維新の会のおっぱい議員」などがその例ではないでしょうか。

そういう私も、北名古屋市長選において、46%の低投票率の選挙をしているので偉そうなことを言えませんが、投票率を上げるのはやはり政治家の魅力であると考えます。れいわ新選組やN国など議席を獲得しました。政治信条や思想は違いますが、見習うべきところがあるかもしれない。

はや一年

2019年7月6日

大阪北部地震、西日本豪雨など大規模災害が発生からはや一年。未だに終息してないのが現状です。

「災害は忘れたころにやってくる」なんて言葉がありますが、最近では死語になりつつある。震災からちょうど一年経った同日に新潟で震度6強の地震。また、九州での豪雨と災害続きだ。災害に遭われた方の一日も早い復旧を祈るばかりです。

参議院選挙が始まりました。年金、増税、憲法改正などが焦点と言われていますが、災害列島日本をどう守っていくかも大切な問題と考えます。最も大事なことは、それぞれの立場で将来のことを考えること。政治に関心を持ってもらう2週間であって欲しい。

よく学び、よく歩く

2019年6月2日

最近は、大阪府内をあちらへこちらへと保険の仕事で現場に伺っています。大阪の鉄道路線は、大阪の人より詳しくなっている気がします。写真は、南海電鉄特急ラピート。なんとなく銀河鉄道999に出てきそうな様相。

銀河鉄道999の主人公星野鉄郎は、機械の体を手に入れる為に999に乗って旅をし、出会いや経験を通して大切なことを学んでいくというアニメでしたね。

私も今まさに、色々な場所に行き、多くの人と出会い、たくさんの経験をさせていただいています。大阪はどこに行ってもアーケードの商店街が形成されていて、その賑わいを見て、美味しいものを探すのも一つの楽しみです。私の万歩計は、毎日一万歩を超えてます。それだけ興味をいざなう街です。

イチローは自分の理想とするベースボールプレーヤーを追求し、日本球界に戻ることなく引退をし、タイガーウッズは「子ども達に優勝を見せたい。」という思いで見事に復活した。そこには信念や生き様がある。

国会議員から市議に転身。元市長が市議会へと返り咲きなど不思議なことが起きている。そこにも信念が存在するのだろうか?理解しがたい。

今回、多くの選挙区を見てきたけれども何となく活気がないし選挙に無関心の方が増えてきているように感じる。世の中が平和な証拠か?議員の質の低下か?そういう私も力不足で県議会議員選挙に出馬できなくて、多くの方の期待を裏切ってしまいました。

「何がやりたくて、何がしたいのか。」しっかり自分自身に問いただし、強い信念が持てるよう努力したいと思っています。

「風車風が吹くまで昼寝かな」

母校はいいもんだ2

2019年4月8日

”ああ 奉仕のまことを 西春高校 われらの母校” 娘の入学式で約30年ぶりに来ました。

変らない校舎に制服。多くの友に出会えた場所。実に懐かしい。

変ったのは野球部の本気度。監督の信念が伝わる。入学式に坊主頭の生徒が結構いる。野球部志願なんだろうな。「夢 諦めなければ 必ず叶うもの」 とベンチに掲げられた言葉、熱いものを感じる。

「がんばれ 西春高生!」

母校はいいもんだ

2019年3月5日

我が母校である白木中学校の卒業式。そして娘の卒業式でありました。

”世紀の待ってる人たらん” ”地域の待ってる人たらん” ”社会の待ってる人たらん” 白木中の校歌だ。35年経った今聞いでもいい校歌だ。

保護者席を見渡すと自分の同級生や先輩そして後輩もたくさんいる。当時の素行や馬鹿さ加減がわかるだけに親として母校に戻ってきているのが面白い。

まさしく「地域の待ってる人たらん」になっているんだな。

卒業生の皆さんには「世界が待ってる人たらん」になることを期待します。

「卒業おめでとう!」

感謝!感謝!!

2019年2月4日

「被災地で活動することは、あなたの人生において必ずプラスになるよ。」という同級生の言葉を信じ大阪北部地震の保険金の支払いのお手伝いに赴き、7か月という期間を過ごしてきました。この大阪での経験や出会いは私の人生においてかけがえのないものになりました。

「家族の大切さ」や「仕事への向き合い方」などたくさんのことを気づくことができました。一緒に働いた若い人たちに「思ったらすぐやることがたいせつだ!」と偉そうに語ったが、まさしく自分への戒めの言葉だ。

今は目の前の仕事をコツコツとこなしたいと思います。

そして最も大切なのは「人」だ。「真剣にやれば、必ず答えてくれる。」見知らぬ土地でも見知らぬ人でも。そんなことをすごく体験できました。



背中を押してくれた友人に感謝! 長く一緒に働いた大阪東部の皆さんに感謝!!

リンク