太田たかのり ブログ

活動報告太田たかのりブログ

> ブログTOPへ

まだまだこれから

2018年7月16日

地震から豪雨。災害から災害へと日本が災害列島化している。「いったいどうなってしまってるんだろう。」思わざるを得ない。西日本豪雨で被災された方々にお見舞い申し上げます。

大阪北部地震の保険金請求のお手伝いで、多くの被災者とお話をしていますが、地震に豪雨とのダブルパンチで「不安感」が一層深くなっています。すこしでもこの「不安感」を取り除けるように早い措置をしていきたいと考えています。地震保険でおりてくる保険金は、修繕するには満足できる金額ではないかもしれません。しかし、多くの方々が感謝してくれてます。その気持ちに応えるべく、誠意をもって事に当たっていきます。被災者の皆さんも私もまだまだこれから頑張っていきましょう。

宅建士への道

2018年7月9日

登録実務講習を受けるために大阪から戻ってきました。

宅建士とは、①宅建試験に合格し、②2年以上の実務経験を有するか、国土交通大臣がその者と同等以上の能力を有するものと認めた者が、③都道府県知事の登録を受けて、④宅地建物取引証の交付を受けたものです。

①は既にクリアーしましたが、今回は②をクリアーにするために2日間の講習をしっかりやってきました。

「なぜ?どうして?」を突き詰めることが、物事を理解する上で大切であるということを教えられた講義でした。なるほどです。

③は本日してきました。④までに約2か月かかるそうです。なかなか長い道のりです。

夕方に大阪にカムバックです。

私にできること

2018年6月30日

大阪府北部地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。

私に何かできることはないかと考えていた時に、知人から地震保険の支払いに関してのアドバイザーのお話をお聞きし、現在その活動を展開中です。

私が任された地区は、倒壊したブロック塀の下敷きになり小学生が死亡した事故のあった高槻市。(写真高槻市寿栄小) 1日に10軒ほど被災されたお宅を訪問し、保険相談を行っています。

地震保険は、家屋や家財の損害額の割合に応じ損害の程度が4つに区分され、支払われる保険金の額が決まります。保険の知識や支払いに関してのアドバイスに感謝されやりがいを感じています。

しっかり被災者に向き合い、お話をお聞きし、多くの方のお役に立ちたいと思っています。引き続き活動をしていきます。

空き家相談

2018年6月15日

尾西信用金庫一宮東支店で行われました、尾張創生会が主催する「なんでも」無料・個別相談会にNPOあいち空地空家管理センターの八木理事長と参加してきました。



総務省の住宅・土地統計調査によれば平成25年の空き家率は13.5%、約7軒に1軒は空家です。この大きな問題に立ち向かうために、3年前にNPO法人あいち空地空家管理センター(http:www.npoakiya-aichi.com)を設立しました。



私自身、北名古屋支部の支部長として空家放置による隣家への迷惑、ご近所からの苦情、未然の防犯など様々の心配事を解決するためしっかりと活動をしていきます。

まず、一歩

2018年6月8日

人にはわからないこと

優れた人は、
知識を学ぶだけではなく、実行する力がある。
普通の人は、
役に立つアドバイスを受けても、そんな考えもあるのかな、としか受け止めず、実行に移さない。
ダメな人は、
他人の意見を聞かないどころか、どうせ、そんなことをしたところで無駄だ、とバカにして笑い飛ばす。
人々が目もくれないような、嘲笑されるくらいのことをやり遂げる。
それが卓越した生き方と言える。

PHP「心が安まる老子」 伊藤淳子 訳

落選を機に、多くの方からお言葉をいただきました。
自分ができることを行動に移していきたいと考えてます。

明日は投票日です。

2018年4月14日

1週間の選挙戦が終わろうとしています。
多くの人に支えられた1週間でもありましたし、多くの方にご迷惑もかけた1週間でした。
政治は、わからない?!
政治は生活に寄り添っています。
多くの方に興味を持っていただき、「投票」という行動に移していただければと思います。

選挙戦最終日

2018年4月14日

本日、午後3時 カネスエ西春店路上において、街頭演説を行います。

是非お越しくださり激励賜りますようお願い申し上げます。

合併の是非

2018年4月14日

名古屋市との合併論。

私は、3年前まで市議会議員をしておりましたが、
その時には合併の「が」の字も出ていませんでした。

2年前、テレビで合併論が報じられました。衝撃というより、怒りを感じました。
私は、この選挙で合併慎重派というところに位置付けられているようですが、
慎重派というわけでもなんでもありません。

そもそも、いつ・誰が・何を根拠に言い出したのでしょうか。

財政状況・合併前後の状況説明を総合的に検証した上で、市民の皆様がどう考えるのかが一番大切なことです。検討委員会・研究・意識調査などをすることなく、メディアにポンと投げつけるのは、無責任と思われても仕方のないことだと思うのです。

合併のメリットデメリット。合併先の名古屋市側と協議の進捗状況も説明されてない今、私の口からは「やります」とも「やりません」とも言えないというだけのことです。

私が公約に掲げている「中学生までの子ども医療費の無料化」
子育て世代の方が切望しています。
愛知県内で、この取り組みをしていないのはわが市を含めて5市町だけです。

私がこの公約を掲げたのは、子育て世代を応援したいというだけではありません。
その先にあるものをみています。

生産者世代の方が、この地に住んでいただけることで、市の根幹がしっかりとしてきます。
土台がしっかりしない うわもの はもろく崩れやすいものです。
少子高齢化が進み、2060には、1.3人で一人の高齢者を支えなければならない状況と言われています。

その状況の中、どのように自治体の運営をしていくのかという問題は、
今更始まったことではありません。
高齢者から子ども達、全ての方が豊かに暮らしていくためにも、
早急に整備しなければならない問題です。

子ども達が健やかに育ち、少しゆとりが出てきたときには、地域のことに知恵と力を出していただく。

ともに助け合うまちづくりがしたいのです。

のこり5市町となった「中学生までの子ども医療費の無料化」は、もはやスタンダードな制度といえるでしょう。

選挙戦2日目

2018年4月9日

2日目に突入しました。
昨日の出陣式では、雨男である私の力が発動してしまい、思いがけない雨が降ってきてしまいました。
本降りにはならなかったので、幸いでした。お越しいただいた皆様が風邪などひかれなかったか心配です。

選挙戦2日目に突入しました。
人を力に。 「人」の文字をオレンジにしました。
ビタミンカラーのオレンジ。
この色のジャンバーを着て、北名古屋市を元気に駆け巡りたいと思います。

リンク