太田たかのり ブログ

活動報告太田たかのりブログ

> ブログTOPへ

初盆

2021年8月14日

「大谷すごいな、来年いくらもらうのかな?」親父が亡くなる一週間前の言葉である。もう少し頑張れば、オールスターでの大谷の活躍や東京オリンピックも観れただろうにと思うと残念である。

昨年の9月に肝細胞ガンであることが発覚し、限りなく肝不全に近い肝硬変から、手術ができませんでした。本人の希望で自宅療養を選択し、治る当てもない闘病生活を送ってきましたが、令和3年6月29日19時に永眠いたしました。その間お世話になりました、安藤クリニックの安藤先生をはじめ、献身的な介護を施していただいた福祉の里の皆様方のお力添えに感謝申しあげます。

また、コロナ禍であり、家族葬という形式を取らさせていただきました。生前にお世話になった皆様方にご心配とご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

親父に「こうしなさい」、「ああしなさい」ということ言われたのは今まで一度もありませんでした。私のやりたいことをやらさせてくれた、親父には「感謝」以外の言葉は見つかりません。何もできなかったかもしれないが、親父の期待に応えられる男になれるよう努力することが最大の供養だと思っています。きっといつものように静かに天国から見守ってくれることと信じています。

初七日から大急ぎで四十九日の法要を済ませました。ここまで駆け足できたので、初盆はゆっくり帰って行ってくれることを切に思います。   合掌

リンク